2007年11月01日

(転載)勝手にメンバー紹介vol.1!!!

11月6日(火)
渋谷時代vol.38高橋保行 okhp.deluxe! live
出演
高橋保行tb,comp,cond
庄田次郎、辰巳光秀、武田宗大tp
後藤篤、古池寿浩tb
TB-448、大久保一樹tuba
泉邦宏、松本祟、土井徳浩、佐藤帆、吉田隆一sax
スガダイローpiano
田島拓guitar
東保光、KG-183bass
鈴木カヲル、池澤ギエフ龍作drums
野崎リヒト(吟遊詩人)
松本は企画制作のみ
19:00開場 / 19:30開演  
料金 前売・予約 2500円 / 当日2800円(1drink付)
会場:公園通りクラシックス  渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F   03-3464-2701(Hall) 03-3423-6343(Office)

----------------
(これより転載)
written by 高橋保行
yassan.jpgphoto:shibata ayano

11月6日にライブをやるbig band「okhp.deluxe!」
のメンバーを勝手(僕の勝手な分析です)に簡単に紹介します!!!!


まずはtrumpetセクションから!!!!


辰巳光英(trumpet) 3556616686.jpg
自己のバンド「サンフランシスコ」←(いい名前だよなぁ)電化3管ニュ−オリンズバンド「N.E.O」、渋さ知らズ、その他ライブ、レコーディング、飲酒に大忙しの喇叭吹き!!!近々役者デビューもするみたいです〜酔ぱらうとたまにマイルスについて熱く語ってくれます!!買い物好きみたいです!!!エフェクタ−に詳しいです!!いけいけな河内喇叭に乞う御期待!!!!



武田宗大(trumpet) m_tp_takeda.jpgtptakeda.jpg某アメリカの音楽学校で一緒だったリ−ド吹き(高い音が吹ける人)です!!!体格に似合わず切れのあるハイト−ンでピャ−ピャ−吹いてくれます!!最近は「東部警察(トーポリ)」、その他のバンドで活躍中、後進の指導にも大忙しです!!!新兵器(楽器)でピャーピャーやってくれるそうです!!!!乞うご期待!!!



庄田次郎(trumpet) Jiro.jpg
ニュージャズシンジゲートを率い赤褌に歌舞伎メイクで即興一筋3○年知る人ぞ知る日本フリージャズ界の重鎮!!!!ボディービルマア!!!!平和なオーラを振りまいています!!!自宅の風呂は天然温泉!!!このバンドにどう絡んでくれるか乞う御期待!!!!




そしてtromboneセクション!!!

後藤篤(trombone) goto.jpg
爆音イケイケトロンボーン!!!ラム(酒)好き!!同じトロンボーン奏者としてとても尊敬しております!!!共演するたび刺激を受けてます(本当に真面目な人です)!!電化トロンボーンduo「電気スライム」「N.E.O」、「ブラックシープ」高橋知己バンド等、ライブ、レコーディングと活躍中!!ぶっとい音でイケイケなトロンボーンに乞うご期待!!!



古池寿浩(trombone) uranai.jpg
初めてこの人の演奏を聴いたときはブトッビました!!後藤氏とはまったく対照的な弱音フワフワトロンボーンです(「僕はこれだけじゃないんだけどなぁ」本人談)!!!同世代のトロンボーン奏者としてこの2人にはとても影響を受けてます!!!「独特なソロ演奏」「ふいご」「ホース」「藤井郷子オーケストラ」等で活躍中!!!何をやってくれるか乞うご期待!!!




trumpetとtromboneときたので同じ金管セクションのtubaもいきます!!
と思いましたが時間がないので次回に!!!!


ん〜結構難しいなぁ人の紹介するのって!!評論家の方々はすごいな〜
次回は勝手にメンバー紹介vol.2です!!!!


++++++
written by り ん

大久保一機(tuba) 609049491_31s.jpg
ベトナムでならした俺たち特効部隊は濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った。
しかし、地下でくすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する。
俺たち特攻野郎Aチーム!

俺たちは、道理の通らぬ世の中に敢えて挑戦する
頼りになる神出鬼没の
特攻野郎Aチーム!

 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ
posted by けつまん at 16:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日 SXQsaxquintet @江古田フライングティーポット

フライングティーポット、前回は3月28日でした。半年以上経ってますなあ。
そのときはCDに収録されていないピチピチのチャレンジに満ち満ちた新曲ばかりで演奏しましたが、今回はCD収録の曲をやります。とはいえ、もともと曲の構造がユルいので、やるたびにまるで違った局面に突入。
完全ナマ音で、かつ非クラシック、ジャズでも完全インプロでもない、紆余曲折をへておそらく相当オリジナルな境地に達したこのユニットを是非体験してください!!!!

そして、昨日の渋谷時代vol.37Franck Vigroux meeting、無事終了しました。ご来場して頂いた方、ありがとうございました。前半は、Franck と Michel のduo、後半は全員で、Franckの指揮で演奏しました。
次回の渋谷時代はいよいよ、高橋保行okhp.deluxe! live、です。高橋君が作曲、指揮、メンバー選定、すべてにおいて全力で挑みます!!!前人未到の変態オーケストラになることでしょう。11/6です。
http://www.geocities.jp/takuhatsu/gaman/sibuyaframe.html


DSC000080.JPG
そういえば、私のテナーM6、さびが激しくなってきたので、ヤマハの「メタボリック」ならぬ「メタルポリッシュ」というものを買ってきて磨いてみました。おそろしいほどキレイになりました!!!

PB010001.JPG

こわくて中断してます。

なお、本日は私はソプラノのみ演奏。
posted by けつまん at 08:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

連戦連敗街道

昨日はなってるハウスでの「ハッサン」。
お客さんが来ないので、ドラムの竹川と他のメンバーとの総当たりduoをやりながら待つ。
1時間経過…。休憩。
永塚が中村大のベースをいじり出したのに触発されてまたセッションがはじまった。
1時間経過…。
まあ、客の入りに関してはもうどうすることもできないが(お店すいません)、即興演奏をどうするか…。これは大のオトナがせっかく集まったんだから音を出していろいろ確認してみるべきであろう。幸い、昨日の相模原での記憶もまだあたらしいし。
自分としてはとても興味深いセッションだった。良かったかどうか、というのはまた別としても。
第一、聴衆がほとんど不在のままでは良いも悪いもないだろう…。聴く人がいて初めてなりたつワケなんだから。
ここは異論のあるヒトもいるかもしれないけど。

で、明日も即興演奏です。
フランスから二人の演奏家を迎えてのセッション。
--
10月31日(水)渋谷時代vol.37 Franck Vigroux   meeting
出演
Franck Vigroux tunetable.gt http://www.franckvigroux.com/index2.swf
Michel Blanc drums
田村夏樹 tp  http://www2s.biglobe.ne.jp/〜Libra/index_j.html
池上秀夫 bass http://homepage3.nifty.com/contrabassism/
蜂谷真紀 voice  http://hookchew.com/
臼井康浩 guitar  http://www.i-chubu.ne.jp/〜yusui/
松本健一 sax http://www.geocities.jp/takuhatsu/
19:30開場 / 20:00開演  
料金 前売・予約 2500円 / 当日2800円(1drink付)
会場:公園通りクラシックス  渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F   03-3464-2701(Hall) 03-3423-6343(Office)


Franck VIGROUX(作曲家、ギタリスト、ターンテーブル奏者、エレクト ロニクス奏者、プロデューサー)
90年代初頭にロック、ファンク、メタルのシーンで活動を初める。その後、フリーインプロビゼーション、コンテポラリージャズ、クラシック、エレクトロニクスと活動の幅を広げる。リーダーバンドとしては Mical Blanc(drums) Stephane Payen(sax) との Push The Triangleの他に、Bruno Chevillon (bass&electronics) Michel Blanc (drums) とのRebang!を率いている。2004年に彼は演劇プ ロジェクト"Triste Liasを始動させ、3部作をリリース し、高い評価を得、脚本家、作曲家、エレクトロニクス奏者としての名 声を博す。2002年よりヨーロッパとアメリカでポップシンガー Ned Evettとマルチ奏者Elliott Sharpとの全く違うプロジェクト で定期的に活動をしている。更に、フランスのレーベルD'autres Cordes Recordsも運営する。また即興オーケストラをヨーロッパ各地で公演し、デビッド・ボウイからも高い評価を受ける日本のサイバーパンク作家ケンジ・シラトリとのコラボレーションも行い、ショートムービーも制作している。
www.myspace.com/franckvigroux
http://www.franckvigroux.com/

Michel BLANC (ドラマー)
フランスのジャズシーン、ニューミュージックシーンで最も重要な人物 の一人であり、ロックから即興、エレクトロニクスと多方面で活躍を行 う。Franck VIGROUXのバンド Push The Triangleや Rebang!の他に数々のユニットに参加しフランスで最も多忙なミュージシャンの一人である。2006年にリリースした初のリーダーアルバム "Le pasage eclair"は評論家からも高く評価されている。
www.myspace.com/michelblanc

--

もうひとつ、SXQのライブもその翌日だ〜。
これは、CD収録の曲を曲順通りにやります!
でも、やるたびに大きく違うので、どこまでいけるか分かりません!
--
11月1日(木)SXQ saxquitet LIVE at cafe FLYING TEAPOT CD「頭ン中in your head」リリース記念
SXQ sax quintet:
松本健一ss 立花秀輝as 藤原大輔ts 吉田隆一bs 木村昌哉ss&ts
会場:江古田フライングティーポット 練馬区栄町27-7-B1 03-5999-7971
http://www3.zero.ad.jp/flyingteapot/bbs
開場/開演:7時半/8時 料金:2000円+order
posted by けつまん at 12:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

相模原にて、わたしまけましたわ

今日はワークショップ関係で知り合った打楽器集団に誘われて、相模原の知的障害者施設の秋祭り的イベントに参加して1時間弱の即興演奏を行いました。台風一過で夏みたいな日差しのなか、野外の芝生広場(庭?)で打楽器3人、ダンサー、私、という5人でのパフォーマンス。延べ600人ぐらいのイベントだったのですが、広場の方にいたのは100人ぐらいかな。施設利用者とその家族対象ですが、年齢層も幅広く、さまざまな人がおもいおもいの時間を過ごしているって感じ。

施設はとても開放的な明るい感じで、周囲はもう畑しかない、相模川にもほど近いのどかな良い環境。施設のスタッフも若くてキビキビしている。大変好感を持ったのですが、スタッフが若い=すなわち、長年居着かない…っていう現実もあるようです。

で、演奏がはじまっても、お客さんがまるでこっち向いてくれません。演奏している人の方を向きましょう、という「常識」という名の先入観は無いのです。この状況、やりやすくはない、けれども、「神楽VJ」などを参考に、ぼちぼちいこかってな感じで笛吹いたりサックス吹いたりタイコ類も間断なく淡々と20分ぐらい経過。全身で参加してくれているような気配が感じられる人(でもこっち向いてる訳でもないのですが)が点々と存在していることに気がついた、らしい(私は残念ながら、こっち向いた人の反応しかよく分からなかった)。
旋回してる人、突然走り出してまた後ろ向く人、動きが止まってる人(日常では絶えず動いてる人らしい)など、いたらしい。

とにかく、音楽の起承転結など時間軸にそった変化とか発展、なにやら意味ありげなバランス感覚、とかにはほとんど意味はなく、全ての瞬間がセレブレーション(デレク・ベイリー、だっけ?)というふうにならざるを得ない、感じでした。起承転結だけじゃなく、自分の考えがいかに経験や知識に呪われ硬直しているか、とか、一口でいうと

「小っちぇえ〜」

と感じました。

イチから出直します!!!!

ですが、コヨミは待ってくれない。
明日は「ハッサン」@なってるハウス
31日は渋谷時代。

立ち直れているのかなあ俺は…。
最近とみに忘れっぽくなってるので見事に立ち直ってるかもしれませんが…。
ああ。
posted by けつまん at 21:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

静岡地裁判決(感想)

宮岡章裁判長
「耐震安全性は確保されており、原告らの生命、身体が侵害される具体的危険性があるとは認められない」
と判断し、浜岡原発停止せず。

そうか、そりゃあ良かった〜。危険性がないという国のお墨付き。これで一安心だ?

とはいえ、
あちこちの高利貸しに多額の借金を抱えるギャンブル好きの彼氏、みたいな感じだよね。
取り立ては人間じゃないから、キツいぞ〜〜。
こうなったら、ギャンブルに勝ってもらうしかない…。
彼は絶対に勝つギャンブルだと言い張ってるんですけど。
普通は彼と一緒になって必勝祈願する前に別れますけどね。
別れようがない!
posted by けつまん at 13:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

シアターモリエール田村藤井10周年終了 三上さんの神楽VJ終了 明日は新宿ピットイン!

昨日、というか一昨日になっちゃいましたが、田村藤井夫妻帰国10周年イベント、終了しました。お祝いだからと思って、「サントリープレミアムモルツ」をコンビニで数本買ってきてメンバー有志にふるまってで呑んでたら、やはり気は心というか、木村君も「サントリープレミアムモルツ」を買ってきてくれました!すばらしきSXQの世界だ。

というわけで、無事終了。

本日は、偶然にも仕事が早く終わったので、三上さんの「神楽VJ」を覗いてきました。
上映される映像にノックアウトされて帰宅したところです。ほんとお薦め。次回はまだ決まってないようですが。

明日は清水くるみさんのオーケストラ@新宿ピットイン。
posted by けつまん at 01:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

渋谷時代のお知らせ

もうすぐ

10月31日(水)
渋谷時代vol.37Franck Vigroux   meeting

出演
Franck Vigroux tunetable.gt http://www.franckvigroux.com/index2.swf
Michel Blanc drums
田村夏樹 tp  http://www2s.biglobe.ne.jp/〜Libra/index_j.html
池上秀夫 bass http://homepage3.nifty.com/contrabassism/
蜂谷真紀 voice  http://hookchew.com/
臼井康浩 guitar  http://www.i-chubu.ne.jp/〜yusui/
松本健一 sax http://www.geocities.jp/takuhatsu/

19:30開場 / 20:00開演  
料金 前売・予約 2500円 / 当日2800円(1drink付)
会場:公園通りクラシックス  渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F   03-3464-2701(Hall) 03-3423-6343(Office)

http://www.geocities.jp/takuhatsu/#071031

posted by けつまん at 07:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

明日 シアターモリエール

田村さん藤井さん帰国10周年おめでとう!これからもご活躍下さい!
というわけで、明日です。
しかしまあ10年…。
早いもんだなあ〜。1997年に帰国したということでしょうか。
私が藤井オケに参加したのは1998年…との記録が残っておりますね。私は33歳ぐらいってことか。阿呆な青年だったなあ。今はアホなおじさんか〜。感無量だ。
この10年でいろいろな変化がありましたね〜。まさに激動してますね、世界は。我々の音楽は、マンネリ…ではいけないですね、頑張りましょう。
自分の音はもう全然変わっちゃったと思いますけど、98年頃のジャズCDとかヘタすると「新しい」と思って聴いてたりする私ですが…。

----
10月24日(水)田村夏樹、藤井郷子 帰国10周年記念コンサート
出演:
Gato Libre
Satoko Fujii Quartet
Satoko Fujii Orchestra Tokyo
早坂紗知、泉邦宏(as) 松本健一、木村昌哉(ts) 吉田隆一(ba)
田村夏樹、福本佳仁、渡辺隆雄、城谷雄策(tp)
はぐれ雲 永松、高橋保行、古池寿浩(tb)
藤井郷子(p) 永田利樹(b) 堀越彰(ds)

会場:新宿シアターモリエール 新宿区新宿3-33-10 モリエールビル2階
6時開場、6時半開演 (3バンド出演で藤井郷子オーケストラはトップバッターです)
前売り4,000 (特別限定コンピレーションCDR付き)  当日5,000
TEL:03-3354-6568
posted by けつまん at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ソボブキ@アケタ 終了

来月も21日はソボブキ@アケタ…ですが私は欠席です。私は東京中低域@下北沢440の方に出席。
どちらもよろしく。
前半は下北沢、後半は西荻窪、というのがおすすめコースです。
なぜならば、下北沢の方が開演時間が若干早いからです。

ところで、昨日のアケタは後半、翁長巳酉(おながみどり)さんが飛び入り参加。ソボブキサウンドにビリンバウなどが加わって、さらにどこの国の音楽かわからなくなり、自由度アップ。
ツアーの成果か?さらに経験したことの無いような調和の仕方が楽しめたりしました。

メンバーにはバンマスより玄米の配給があった。
先日の四国ツアーでお世話になった人から大量に送ってもらった、とのこと。
ありがたや〜。
ほんまにグッド。

玄米ですが、私の家では、近所のコイン精米に持って行くことが多いけど、圧力鍋で炊いたりもします。同量の水で、シュルシュルいいだしてから15分ぐらい中火で加熱。加熱する前にしばらく水につけたままおいておくのもグッド。

あとは、フライパンで少量の塩と一緒にから煎りしたものをポリポリかじってます。
から煎りするとはじけるので注意が必要です。おでこにあたったりして、バッドです。

また、から煎りした玄米に3〜4倍ぐらいの水を加えて玄米粥を作ることもできます。これは多分普通の鍋でもできるんじゃないかな。病み上がりなどにグッドです。

また、水でふやかしておいておくと発芽しますが、これを炊く人がいるようですね。いわゆる発芽玄米というヤツですが。これも多分普通の鍋でできるんじゃなかったかな。
posted by けつまん at 14:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

SXQ@昼の部 終了

ご来場ありがとうございました。
予定通り、CDの曲順通りに演奏を進めまして、時間の都合で最後から2局目だけを割愛しました。
やはり、1年前のサウンドとはまったく違ってました。熱が下がったというか、無駄がなくなってきた、というか。曲をやるのも、継続することでいろいろなことが見えてくる…などという至極あたりまえなことを再発見できました。
posted by けつまん at 09:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。