2008年01月15日

新即興の日2days終了。16日は初DUO@池袋バレルハウス

本日は多数の参加、ありがとうございました。
昨日も少数ななか、非常に濃い参加、ありがとうございました。

2月はなってるは11日、横浜は24日です。
ふるってご参加下さい。

今日感じたのは、即興でもなんでも、その瞬間の音がすべてだなあ、ということでした。あたりまえのことのように思えるけど、意外とつまらないことにこだわってよく聴いてないことってあるよね。
また、これすごく響いていい音だなあ、とかなんとか、何かをつかんだら、そのセンで行くべきですね。ちょっと変かなあ、とか、体裁とか構成とか理論とか度外視で。その瞬間に出ている音に集中する…。
ほとんど瞑想状態に近い。これがまたクセになる気持ちよさなんだな〜。

だから、現行出回っている音楽理論とかとりあえずご破算にして、そっちから組立てて行きたいです。結果、現行の音楽理論と同じものが出来上がるかもしれないし、まったく違う感触の音楽が生まれるかもしれないし。しかし、それこそが真の伝統に生きる、ということかもしれない、と最近考えてます。

現行の音楽理論というのは、過去うまくいった体験を固定化してしまっているところに難点があると思います。インドのラーガとかも結局はそうなんじゃないかなあ。

ん、だから、「伝統音楽」が真の命を失っている、ということを感じるという意味で。

ラーガもバロック音楽も、それが打ち立てられたその当時は命があったんだと思います。そしてその後カタチだけを受け継がれ何世紀…。

能なんかも、観阿弥がストリートに革命をもたらし、その成功体験を形式化して受け継いだ世阿弥…。世阿弥は最終的には悲壮な晩年を過ごしたというのも流れとしては理解できる。

フリーとかインプロとかいってる我々も他人事ではありません。「舞踏」のひとも、「パンク」のひとも。

すっごく遠回りになるのはしょうがないとして、やはり、根本まで降りて行かないとこの先どうしようもないと思います。体力いるよねえ〜。


おっと忘れるところでした。

1月16日(水)室舘彩・松本健一
出演: 室舘彩(vo,fl) , 松本健一(sax)
Live Charge : カンパ(別途お通し代300+1Drink)
Open 19:00 Start 20:00会場
池袋バレルハウス 豊島区池袋2-22-5  03-3986-2871 start 8.00pm 

よろしくどうぞ!

posted by けつまん at 01:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: バロック音楽バロック音楽(-おんがく)は、17世紀初頭から18世紀中頃までの、ジョージ・フレデリック・ヘンデル|ヘンデル、ヨハン・セバスティアン・バッハ、クープラン、アントニオ・ヴィヴァルディに代表さ..
Weblog: オーケストラ!
Tracked: 2008-02-05 09:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。