2007年07月25日

渋谷時代! 河合隼雄を偲んで読書 トウモロコシガス

DSC00002.JPG

渋谷時代vol34、本日です!もうすぐ開場!

てなわけで、故河合隼雄氏を偲んで読んでなかった本を図書館で借りてきました。「河合隼雄の人生読本」。
まあ、得意としていた?読書案内のような本です。こういうの読むとまた読みたい本が増えるなあ。特に児童文学をよみたくさせる(?)名人でしたね。

トウモロコシをいただいた。多数。最近のやたら甘い品種ではなく、夏休み的懐かしい味。
たくさん食べたらオナラが。

あ。
本番ではオナラはがまんしますので来てね。

関係ないけど、「読書と人生」三木清著、検索したら1円で売ってたので(手数料別だけど)買いまして、久々に読んでます。この人も京大系。

本日は諫早大水害の日です。
--
諫早水害(昭和32年7月25日〜26日)
日雨量1.109mm、時間雨量144mmを記録した集中豪雨により、本明川が決壊し、諫早市内を中心に多大な被害を受けました。死者・行方不明者781人、家屋の全壊・流失5,700戸、半壊7,087戸、床上・床下浸水55,005戸。
--

上のは長崎県のページからの引用ですが、点の使い方が間違ってますね。「1,109mm」ですね。凄まじい雨量だ。聞いたことない。私の生家周辺の古い家では、土壁の小学生の背丈ぐらいのところに茶色い横線がはいってましてひび割れてたりする。そこまで水が押し寄せたというわけ。その線を見るたび怖かったです。
posted by けつまん at 14:18| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的好き嫌い・イイ悪いを混同するつもりはないけど…精神・心理のひとつの権威、H・k氏は、種々の「精神障害者」の「何らか」のとき、

「社会多数を代表する」ことに結果的にはなっているのでは?
Posted by ヨコスカ人 at 2007年07月25日 22:53
結果的にそうならざるを得ないこともあったかもしれないですね。
それよりも、文化庁長官として「こころのノート」を制作したあたりはちょっとガッカリしてしまいましたが。結局「長」になっちゃったんだなあという感じもあったし。周囲がそれを望んだんでしょうが。
小田実は在野のまま他界しましたね。
Posted by 松本健一 at 2007年07月31日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。