2007年05月29日

しばらくライブ予定ありません

次は

---
6月6日(木)
SXQ saxquintet live at AIRGIN

SXQ saxquintet
2001年にメロディーや曲の構成等よりもサックスのナマ音響そのものを演奏するアンサンブルを目指して結成された、若手ジャズ系〜即興系サックス奏者の中でも特に濃いキャラクターを揃えた異色のアンサンブル。

現在はその両極のバランスポイントを探るべく、実験的なこころみも含む音響的な発想と即興性を重視した楽曲を演奏している。
ライブ演奏以外にも野外やホール、スタジオ等様々な音場での録音作品を制作中。2007年春1stCDとなる「頭ン中 in your head」制作。


member:
松本健一ss 
立花秀輝as 
藤原大輔ts 
吉田隆一bs 
木村昌哉ss&ts

開演:7:45
料金:2300円(学割有り)
会場:横浜エアジン 横浜市中区住吉町5-60 045-641-9191

----

よろしくです。
今回はたぶん、全部即興演奏です。
まあ、ちょっと間があるので気が変わることがあるかも知れませんが…。う〜ん、無いかな。
先日のNO TRUNKS、代官山空豆、の流れで行くんじゃないでしょうか。私がソプラノとバリトン持ち替えで2バリトン可、という態勢。
ちょっと時間が取れるので、ヴィンテージマウスピースに取り組んでみようかな。
例のオットーリンク・フロリダ・9*なのですが、リードをRICO赤箱の3番で吹いてみたら全然楽勝でピッチもダイナミクスも操れることがわかったところ。まあ、31/2でホントは吹きたいような気もするが、ちょっと低音とか大変。

このマウスピースは倍音の構成がちょっとクセがあるのですが、思いっきり倍音出した状態で録音してみても、案外まとまった音で録音されている。やはりオットーリンクは吹いてる本人の感覚と実際の出音の違いが大きいのか。
以前はそういうのがすごく気になってたんだけど、表面的な音色など、どうでもよくなってきた…。
という心境にならないと吹けないマウスピースなのか??


Louis Armstrong - A Rhapsody in Black and Blue (1932)
http://www.youtube.com/watch?v=Q3CcAD_seww

すごい衣装で吹いてます。

あ、読み返して気がついたけど、6/6は私はテナーは吹きません。のでヴィンテージマウスピースも6/6のSXQには関係ナイです。
6/15の誕生日ライブを念頭に置いてます。

で、俺も60年代生まれですが、このマウスピースも1960年代のものです…とか何とか、ちょっと確認しようと思って検索したら、自分の数年前の日記の文章とかが出てきて、赤面。どうやら同じようなことを数年おきに繰り返しているようです。
ただし今回はマウスピースをリペアし、メッキしなおして状態がとても良いのですが。
posted by けつまん at 01:22| ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> すごい衣装で吹いてます。

いつもは白タオルのツバ抜きも、柄物のスカーフ?になってるな。
Posted by かずし at 2007年06月02日 02:07
う〜ん、どういう事情でこういうことになったのかね。
当時の方がジャズはカラフルだった??
Posted by まつもと at 2007年06月05日 10:24
> 当時の方がジャズはカラフルだった??

金になってたんじゃないの。
Posted by かずし at 2007年06月07日 12:26
そりゃ〜稼いでいたに違いない。

まあカラフルなんだけどモノクロ映像。実際にモノクロの柄だったりして。
Posted by まつもと at 2007年06月10日 08:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-06-01 00:53

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 09:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。