2007年04月20日

昨日 渋谷時代vol.31 やりました

ご来場ありがとうございました。
さすがのサブさん、堪能させていただきました。共演しててそういうのもナンですが。ワケがわからないうちに楽しい音の戯れに入り込んでいる、という印象でした。
なんなんでしょうね?
何をやるか、以前に(もちろん音色は素晴らしいんですが)たたずまいというか、一種の清潔感というか爽快感というか、ちょっと真似しようと思っても真似できない存在感ですね。
先日キャンディで共演したときもなにかうっすらと感じてはいたのですが、昨日はとても納得しました。

次回の渋谷時代はいよいよ「声のインスタントオーケストラ」ですね。嬉しいようなコワいような。
posted by けつまん at 10:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。