2006年08月26日

「明日の神話」見てからなってるハウスでセッション

汐留の日テレで公開中の岡本太郎の壁画「明日の神話」見ました。
前からネット上、テレビ番組でだいぶその概要は見ていたし、あの界隈の大きな建物群のなかで、それほどインパクトはなかった。大きい、とはいっても、しょせん動かぬ「絵」であるし、現在の東京の建造物のスケール感に比べると明らかに分が悪い。

なわけでしばし壁画の前でたたずむ。まわりはテーマパークっぽい喧噪だ。まわりの異常な「明るさ」にくらべて異様に暗い。
どうでもいいが、絵を見る順路としてものすごく至近距離にロープが張ってある。近くで見ればいいってものではないだろう。
などと、どうも沈んだ気分になってしまう。
だいたい、太郎の絵画作品「痛ましき腕」とか「重工業」とか、もともとあまり好きではなかった。彫刻はかなり好きだ。

しかしながら、しばし壁画をつらつらと眺めているうちに、中央の踊っているようなガイコツの背骨だけがなんで緑色なんだろうか、とか、右端の小さな変な生き物達がもっと右の方を目指して動き始めているように見えて、何が暗示されてるんだろうか、などとうすらぼんやりと考えている時、突然なにかがズーンときた。ガツン、とではなく、まさに呪いにかかったようなじわーっという感覚である。
あまり好きではなかった太郎の絵ももう一度見てみたくなったし、このズーンという感覚が背景を見たり中央に戻ったりしているうちにあるリズムを伴ってどんどん振幅が大きくなってきた。うわっ呪われた!ヤバい!と思ってたら「マツモトさ〜ん」と声をかけてくる人がいる。nino trincaのメンバー、アランだった。おかげで呪いがとけ、なってるハウスへ移動する事が出来た。

なってるハウスでのセッションは蜂谷真紀、河合拓始と3人で、ずーっと最初から最後まで3人でガチンコ即興演奏。
尊敬するピアニスト千野さんに似た人が客席にいる。と思ったらホンモノだった。嬉しいなあ。と、同時に少々緊張。
河合君は終始高めのテンションを保っていて、蜂谷さんも動きのあるプレイで、おいていかれそうになるのを時々力まかせに混ぜっ返し、だんだんに溶合ってきたりするけど、3人とも直球でまさにガチンコ即興だ。くんずほぐれつの前半だった。
後半もストレートな音の饗宴といった具合で楽しめた。
全体的に蜂谷さんのエフェクトしないナマ声の微妙な中に多彩なスペクトルのうねり、良かったです。うねったうねった。
70年代の壁画などに負けてはおれないのだ。
「自分が法隆寺になればいいのです」
これだ。
posted by けつまん at 14:28| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
千野さん、って千野秀一さんのことかな?・・t岡さんがsaxだったあるプログレpunJazzみたいなbandで、一時レギュラーゲストみたいに参加されてました。 とにかく音色が美しく、どこかイライラしてるようでかつ余裕あるプレイが凄かった記憶が生々しいです!
Posted by ヨコスカ人 at 2006年08月26日 18:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。