2007年10月30日

連戦連敗街道

昨日はなってるハウスでの「ハッサン」。
お客さんが来ないので、ドラムの竹川と他のメンバーとの総当たりduoをやりながら待つ。
1時間経過…。休憩。
永塚が中村大のベースをいじり出したのに触発されてまたセッションがはじまった。
1時間経過…。
まあ、客の入りに関してはもうどうすることもできないが(お店すいません)、即興演奏をどうするか…。これは大のオトナがせっかく集まったんだから音を出していろいろ確認してみるべきであろう。幸い、昨日の相模原での記憶もまだあたらしいし。
自分としてはとても興味深いセッションだった。良かったかどうか、というのはまた別としても。
第一、聴衆がほとんど不在のままでは良いも悪いもないだろう…。聴く人がいて初めてなりたつワケなんだから。
ここは異論のあるヒトもいるかもしれないけど。

で、明日も即興演奏です。
フランスから二人の演奏家を迎えてのセッション。
--
10月31日(水)渋谷時代vol.37 Franck Vigroux   meeting
出演
Franck Vigroux tunetable.gt http://www.franckvigroux.com/index2.swf
Michel Blanc drums
田村夏樹 tp  http://www2s.biglobe.ne.jp/〜Libra/index_j.html
池上秀夫 bass http://homepage3.nifty.com/contrabassism/
蜂谷真紀 voice  http://hookchew.com/
臼井康浩 guitar  http://www.i-chubu.ne.jp/〜yusui/
松本健一 sax http://www.geocities.jp/takuhatsu/
19:30開場 / 20:00開演  
料金 前売・予約 2500円 / 当日2800円(1drink付)
会場:公園通りクラシックス  渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F   03-3464-2701(Hall) 03-3423-6343(Office)


Franck VIGROUX(作曲家、ギタリスト、ターンテーブル奏者、エレクト ロニクス奏者、プロデューサー)
90年代初頭にロック、ファンク、メタルのシーンで活動を初める。その後、フリーインプロビゼーション、コンテポラリージャズ、クラシック、エレクトロニクスと活動の幅を広げる。リーダーバンドとしては Mical Blanc(drums) Stephane Payen(sax) との Push The Triangleの他に、Bruno Chevillon (bass&electronics) Michel Blanc (drums) とのRebang!を率いている。2004年に彼は演劇プ ロジェクト"Triste Liasを始動させ、3部作をリリース し、高い評価を得、脚本家、作曲家、エレクトロニクス奏者としての名 声を博す。2002年よりヨーロッパとアメリカでポップシンガー Ned Evettとマルチ奏者Elliott Sharpとの全く違うプロジェクト で定期的に活動をしている。更に、フランスのレーベルD'autres Cordes Recordsも運営する。また即興オーケストラをヨーロッパ各地で公演し、デビッド・ボウイからも高い評価を受ける日本のサイバーパンク作家ケンジ・シラトリとのコラボレーションも行い、ショートムービーも制作している。
www.myspace.com/franckvigroux
http://www.franckvigroux.com/

Michel BLANC (ドラマー)
フランスのジャズシーン、ニューミュージックシーンで最も重要な人物 の一人であり、ロックから即興、エレクトロニクスと多方面で活躍を行 う。Franck VIGROUXのバンド Push The Triangleや Rebang!の他に数々のユニットに参加しフランスで最も多忙なミュージシャンの一人である。2006年にリリースした初のリーダーアルバム "Le pasage eclair"は評論家からも高く評価されている。
www.myspace.com/michelblanc

--

もうひとつ、SXQのライブもその翌日だ〜。
これは、CD収録の曲を曲順通りにやります!
でも、やるたびに大きく違うので、どこまでいけるか分かりません!
--
11月1日(木)SXQ saxquitet LIVE at cafe FLYING TEAPOT CD「頭ン中in your head」リリース記念
SXQ sax quintet:
松本健一ss 立花秀輝as 藤原大輔ts 吉田隆一bs 木村昌哉ss&ts
会場:江古田フライングティーポット 練馬区栄町27-7-B1 03-5999-7971
http://www3.zero.ad.jp/flyingteapot/bbs
開場/開演:7時半/8時 料金:2000円+order
posted by けつまん at 12:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

相模原にて、わたしまけましたわ

今日はワークショップ関係で知り合った打楽器集団に誘われて、相模原の知的障害者施設の秋祭り的イベントに参加して1時間弱の即興演奏を行いました。台風一過で夏みたいな日差しのなか、野外の芝生広場(庭?)で打楽器3人、ダンサー、私、という5人でのパフォーマンス。延べ600人ぐらいのイベントだったのですが、広場の方にいたのは100人ぐらいかな。施設利用者とその家族対象ですが、年齢層も幅広く、さまざまな人がおもいおもいの時間を過ごしているって感じ。

施設はとても開放的な明るい感じで、周囲はもう畑しかない、相模川にもほど近いのどかな良い環境。施設のスタッフも若くてキビキビしている。大変好感を持ったのですが、スタッフが若い=すなわち、長年居着かない…っていう現実もあるようです。

で、演奏がはじまっても、お客さんがまるでこっち向いてくれません。演奏している人の方を向きましょう、という「常識」という名の先入観は無いのです。この状況、やりやすくはない、けれども、「神楽VJ」などを参考に、ぼちぼちいこかってな感じで笛吹いたりサックス吹いたりタイコ類も間断なく淡々と20分ぐらい経過。全身で参加してくれているような気配が感じられる人(でもこっち向いてる訳でもないのですが)が点々と存在していることに気がついた、らしい(私は残念ながら、こっち向いた人の反応しかよく分からなかった)。
旋回してる人、突然走り出してまた後ろ向く人、動きが止まってる人(日常では絶えず動いてる人らしい)など、いたらしい。

とにかく、音楽の起承転結など時間軸にそった変化とか発展、なにやら意味ありげなバランス感覚、とかにはほとんど意味はなく、全ての瞬間がセレブレーション(デレク・ベイリー、だっけ?)というふうにならざるを得ない、感じでした。起承転結だけじゃなく、自分の考えがいかに経験や知識に呪われ硬直しているか、とか、一口でいうと

「小っちぇえ〜」

と感じました。

イチから出直します!!!!

ですが、コヨミは待ってくれない。
明日は「ハッサン」@なってるハウス
31日は渋谷時代。

立ち直れているのかなあ俺は…。
最近とみに忘れっぽくなってるので見事に立ち直ってるかもしれませんが…。
ああ。
posted by けつまん at 21:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

静岡地裁判決(感想)

宮岡章裁判長
「耐震安全性は確保されており、原告らの生命、身体が侵害される具体的危険性があるとは認められない」
と判断し、浜岡原発停止せず。

そうか、そりゃあ良かった〜。危険性がないという国のお墨付き。これで一安心だ?

とはいえ、
あちこちの高利貸しに多額の借金を抱えるギャンブル好きの彼氏、みたいな感じだよね。
取り立ては人間じゃないから、キツいぞ〜〜。
こうなったら、ギャンブルに勝ってもらうしかない…。
彼は絶対に勝つギャンブルだと言い張ってるんですけど。
普通は彼と一緒になって必勝祈願する前に別れますけどね。
別れようがない!
posted by けつまん at 13:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

シアターモリエール田村藤井10周年終了 三上さんの神楽VJ終了 明日は新宿ピットイン!

昨日、というか一昨日になっちゃいましたが、田村藤井夫妻帰国10周年イベント、終了しました。お祝いだからと思って、「サントリープレミアムモルツ」をコンビニで数本買ってきてメンバー有志にふるまってで呑んでたら、やはり気は心というか、木村君も「サントリープレミアムモルツ」を買ってきてくれました!すばらしきSXQの世界だ。

というわけで、無事終了。

本日は、偶然にも仕事が早く終わったので、三上さんの「神楽VJ」を覗いてきました。
上映される映像にノックアウトされて帰宅したところです。ほんとお薦め。次回はまだ決まってないようですが。

明日は清水くるみさんのオーケストラ@新宿ピットイン。
posted by けつまん at 01:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

渋谷時代のお知らせ

もうすぐ

10月31日(水)
渋谷時代vol.37Franck Vigroux   meeting

出演
Franck Vigroux tunetable.gt http://www.franckvigroux.com/index2.swf
Michel Blanc drums
田村夏樹 tp  http://www2s.biglobe.ne.jp/〜Libra/index_j.html
池上秀夫 bass http://homepage3.nifty.com/contrabassism/
蜂谷真紀 voice  http://hookchew.com/
臼井康浩 guitar  http://www.i-chubu.ne.jp/〜yusui/
松本健一 sax http://www.geocities.jp/takuhatsu/

19:30開場 / 20:00開演  
料金 前売・予約 2500円 / 当日2800円(1drink付)
会場:公園通りクラシックス  渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F   03-3464-2701(Hall) 03-3423-6343(Office)

http://www.geocities.jp/takuhatsu/#071031

posted by けつまん at 07:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

明日 シアターモリエール

田村さん藤井さん帰国10周年おめでとう!これからもご活躍下さい!
というわけで、明日です。
しかしまあ10年…。
早いもんだなあ〜。1997年に帰国したということでしょうか。
私が藤井オケに参加したのは1998年…との記録が残っておりますね。私は33歳ぐらいってことか。阿呆な青年だったなあ。今はアホなおじさんか〜。感無量だ。
この10年でいろいろな変化がありましたね〜。まさに激動してますね、世界は。我々の音楽は、マンネリ…ではいけないですね、頑張りましょう。
自分の音はもう全然変わっちゃったと思いますけど、98年頃のジャズCDとかヘタすると「新しい」と思って聴いてたりする私ですが…。

----
10月24日(水)田村夏樹、藤井郷子 帰国10周年記念コンサート
出演:
Gato Libre
Satoko Fujii Quartet
Satoko Fujii Orchestra Tokyo
早坂紗知、泉邦宏(as) 松本健一、木村昌哉(ts) 吉田隆一(ba)
田村夏樹、福本佳仁、渡辺隆雄、城谷雄策(tp)
はぐれ雲 永松、高橋保行、古池寿浩(tb)
藤井郷子(p) 永田利樹(b) 堀越彰(ds)

会場:新宿シアターモリエール 新宿区新宿3-33-10 モリエールビル2階
6時開場、6時半開演 (3バンド出演で藤井郷子オーケストラはトップバッターです)
前売り4,000 (特別限定コンピレーションCDR付き)  当日5,000
TEL:03-3354-6568
posted by けつまん at 23:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ソボブキ@アケタ 終了

来月も21日はソボブキ@アケタ…ですが私は欠席です。私は東京中低域@下北沢440の方に出席。
どちらもよろしく。
前半は下北沢、後半は西荻窪、というのがおすすめコースです。
なぜならば、下北沢の方が開演時間が若干早いからです。

ところで、昨日のアケタは後半、翁長巳酉(おながみどり)さんが飛び入り参加。ソボブキサウンドにビリンバウなどが加わって、さらにどこの国の音楽かわからなくなり、自由度アップ。
ツアーの成果か?さらに経験したことの無いような調和の仕方が楽しめたりしました。

メンバーにはバンマスより玄米の配給があった。
先日の四国ツアーでお世話になった人から大量に送ってもらった、とのこと。
ありがたや〜。
ほんまにグッド。

玄米ですが、私の家では、近所のコイン精米に持って行くことが多いけど、圧力鍋で炊いたりもします。同量の水で、シュルシュルいいだしてから15分ぐらい中火で加熱。加熱する前にしばらく水につけたままおいておくのもグッド。

あとは、フライパンで少量の塩と一緒にから煎りしたものをポリポリかじってます。
から煎りするとはじけるので注意が必要です。おでこにあたったりして、バッドです。

また、から煎りした玄米に3〜4倍ぐらいの水を加えて玄米粥を作ることもできます。これは多分普通の鍋でもできるんじゃないかな。病み上がりなどにグッドです。

また、水でふやかしておいておくと発芽しますが、これを炊く人がいるようですね。いわゆる発芽玄米というヤツですが。これも多分普通の鍋でできるんじゃなかったかな。
posted by けつまん at 14:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

SXQ@昼の部 終了

ご来場ありがとうございました。
予定通り、CDの曲順通りに演奏を進めまして、時間の都合で最後から2局目だけを割愛しました。
やはり、1年前のサウンドとはまったく違ってました。熱が下がったというか、無駄がなくなってきた、というか。曲をやるのも、継続することでいろいろなことが見えてくる…などという至極あたりまえなことを再発見できました。
posted by けつまん at 09:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

SXQ、昨年のレコーディングから今日までの歩み

昨年9月以降の足跡をたどると…

昨年12月、江古田フライングティーポット
日記をひもとけば、
「内容的にはなるべく何も決めないで直観的にすすめたのがよかったのか?
不安定な(タイミングによってはうまく行かない可能性のある)手法だけど、ハイリスクハイリターンである。レバレッジである。先物取引である。まあ、実際にお金持ってかれる訳ではないし…。けっこう何度もやっている曲がまた思いがけない新しい装いで聴こえてきたりした。マイミク一機(tuba)もゲスト参加してくれた。バリトンサックスの低音と金管の低音は何もかもが違う。面白かった。どうしてもサックスというのは下世話な感じですね。肉感的ともいうが。
やる曲が決まってきてしまったのでまたキャッチーな?曲を増やすべきかな〜。 」

まあ、ほぼ即興というワケでした。その頃は、CDに収録した曲はもうやらないかも知れない、と思っていた。

で、同月、立花秀輝のピットイン昼大セッションにSXQ全員が参加、したんだっけ。
もう爆裂の限りを尽くした。

翌年、2月。ドラム部との交流戦第1回。
「われわれSXQ5人は、野人2人を相手に本来ならば「応援団」の道具であるサックスを手に闘ったのですが、敵は両手両足を自在に使ったポリリズム攻撃。そのうえ、本来はブラジルのスルドなんだけどアフリカのジュンジュン、などという目くらましも仕掛けてきました。また、接戦に持込もうという時に改良締め太鼓で大和魂を鼓舞し、水をあけられてしまいました。その上観客まで加勢させるとは!
そして…ついに…副島主審のホイッスルをもって長きにわたる血戦が終了し、ドラム部に惜敗を喫しました。 」

い、意味が分からん…。

そして3月、東京芸術見本市に参加。
「で、どんな賭けかと言うと、全編即興演奏する、という賭けです。というと何を今さら…と思われるかもしれませんが、SXQ ではこれまで全編即興というのはやっていません。
それに書いたホラ話を加えるという、もうひとつの賭け。
国際化対策として、翻訳サイトで翻訳した訳文に多少手を加えたものをMacにしゃべらせ、それをカセットに録り、会場に持込んだラジカセで朗読と同時に再生しました。
会場の響きが少々デッドで、生管楽器の演奏には不向きであったことや、こんな試みをいきなりこの場でやることに対するメンバーの戸惑いなど、非常に無謀だったのですが、結果はまずまずだったんじゃないか、と思います。わかりませんが。
この種のこころみは客観的に評価するのは難しいですね…。 」

気が狂ってたのか…。

それも、ヒカシューやサルガボ相手に…。

まあ、でも、これはこれで面白かったなあ。何度もやれませんけど。

で、同月、江古田フライングティーポット。
「全部新曲で臨んだのでなかなか緊張感あり。東京中低域でもそうだけど、全員サックスなんで吹いている時だけしか音がない。
ん?この文章ヘン?
まあ、言いたいこと分かって下さい。
だから、何となく間をつなぐ人がいないんで、音が途切れて迷っている時の底知れない闇な感じは深いです。スリル満点。
特に、今回の新曲はどれもフレキシブルに場面が展開する曲ばかりなので、演奏そのものよりも音楽として成り立たせるイメージ力が問われる。
はっきり言って自分も、やってる最中はときどきなんだこりゃ状態になってましたが、録音を聴いたら納得しました。録音しててもらって良かった〜。
多分、指揮をするのに忙しく、音に遊ぶ心が枯れてたんだと思います。 」

ほんと野方図ですね〜。この時の曲は他のセッションでも再演したり、ヨレヨレの打込みバージョン作ったり、ほんと迷走に迷走を重ねていた時期だ。

そして、4月、国立ノートランクス。
吉田君より情報が来たりした。
「ところで『国立 NO TRUNKS』コミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1162241
に紹介がありますが・・・
「4月27日(金)
SXQ =松本健一ss,立花秀輝as,藤原大輔ts,吉田隆一bs,木村昌哉ss&ts
J-Jazzの未来を担う若手サックス集団。 」
・・・どんな未来が待っているのか。
あと20年くらいは「若手」な気がする。 」

で、国立ライブ終了後

「本日の演奏は…凄かった。
しばらくこういうのは無いでしょうね〜。
ていうか、やり過ぎだよホント。」

「おつかれさまでした。
やっぱり
「面白すぎる」
ってェのは問題ですね。Doing too much interesting! 」

というやりとりがあった。
推して知るべしです。
つうか、ソプラノ2本とバリトンを同時に演奏(ひとりの人間が)。トイレ個室に3人が入って演奏…、など、をおぼろげに覚えてるなあ。

5月、代官山「晴れたら空に豆まいて」での中村タクヤイベントに参加。立花君が都合悪く、4人で。全即興。
「初めての場所でしたが、音的にはかなりやりやすかったです。
生音にちょうどいい広さ、天井高。
本番前に藤原選手の導きで恵比寿の超安い店で一杯。
二杯。
三杯。
…。
でも安かった〜。 」

ポテトサラダがうまいんです。

6月、横浜エアジンに初登場。
「最近の流れで、全編即興でした。
もう、譜面とか譜面台とかヤグラシ。
ヤグラシ、というのは九州地方に伝わる呪文です。
(中略)
メンバーそれぞれのベクトルがさらに純化されて来たような気がします。
それではアンサンブルにならん???
いや、もっと純化されて取り返しがつかない位になってくるともっと良くなる、と確信しております所存です。
そうだなあ、昨日の感じは「底が抜ける」までにはまだまだほど遠いかなあ。
いずれにしても、ひさびさに即興演奏したなあ、って感じで、ぐっすり眠れました…。 」

そうなんです。
まったく遠い道のり。

同月、ふたたび代官山「晴れ豆」に登場。今回はSXQ-trio(松本健一、吉田隆一、木村昌哉)として、お店主催のイベント出演。

7月、ドラム部との第二回戦。副島輝人氏が意表をついてスライド上映という形で参加。演奏は全即興でしたが、個人戦なども織り交ぜ、起伏のある演奏ができた。

…ってところです。
posted by けつまん at 01:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日!SXQsaxquintetCD発売記念昼の部

いよいよ本日となりました。
よろしくお願いします。

思い起こせば、昨年の9.11にちょっとしたアクシデントで、時間が無くて2〜3テイク録れればOKという状況のなか突貫レコーディング。その後ゆっくりマスタリングしようと(こういうパターンの場合怠惰なためオクラになることもありがち)してたら前衛血球氏からの東京芸術見本市へのお誘いを受け、特急プレス、ジャケット制作。まったく、トーンマイスターならびにデザイナーの丸小野さんにはほんとお世話になりました。
突貫レコーディングのなか名演してくれたメンバーの皆さんにもロクなギャラも払えず…(以下略)

ところが、私ときたら、東京芸術見本市ではトツゼンの閃きに素直にしたがって、ナレーション入り完全即興演奏を敢行。その後、セリフや四字熟語の入った新曲や、ドラム部との2回にわたる対戦、など、無計画、野方図の限りをくりかえしまして、メンバーの皆さんを振り回してしまいました。

で、明日のプログラムは、CDの曲をやります。それも曲順通り、時間の許すまで。

レコーディングの時点から丸1年。ほとんど荒修行的ライブを繰り返したメンバーの面々は何を返してくるのか…。
これら荒修行は意図的にやってきた訳ではなく、もう、行き当たりばったり、だったんだけど、なんだかそういう図が見えてきました。

という訳で、乞うご期待。
私が一番期待しているけど。
posted by けつまん at 00:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

怒涛の一週間が過ぎ…

それほど疲労はたまってはおりません。
これで飲酒しなければ、ばっちりなんですが、やっぱり、旅先ではめったに会えない人と会ってまわるワケで、呑まないというのも寂しい限り。どうしたものか。
また、運動不足になりやすいですね。東京で動き回ってると案外激しく運動してますね。満員電車で必死になって楽器を守ったり、重い楽器を抱えて移動したり。
あまり深酒せず、朝ちゃんと起きて散歩する、とか?

posted by けつまん at 10:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末のライブ情報!!!

071014_1229〜02.JPG10月20日(土)SXQ saxquintet 1stCD「頭ン中 in your head」発売記念ライブ
member:
松本健一ss 
立花秀輝as 
藤原大輔ts 
吉田隆一bs 
木村昌哉ss&ts

会場:新宿ピットイン昼の部
開演:2時30分

------------------
10月21日(日)ソボブキ
藤ノ木みか(vo/perc) 松本健一(sax) 伊藤啓太(bass) 西尾賢(piano)

西荻窪 アケタの店
8:00pm〜  ¥2500(1ドリンク付)

--------------------

よろしくお願いします!!!!

写真は、「うどんや」という名のうどん屋の裏の海岸です。
前日の神戸で大量の「蒸し春巻」を食べて、腹部が膨張して戻りません。
posted by けつまん at 01:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

Tristan Honsingerライブ情報

ICPオーケストラのチェロ奏者、トリスタンホンジンガーがKaibutsuLivesツアーを終えて、単独で京都、大阪、東京、湘南方面、で演奏しておりまして、京都、大阪は終わりいよいよ東京です。
私が企画など関わっているのは13日と16日だけど、13日はソボブキツアーで四国に行っており、顔出せません。16日は共演予定です。

images-1.jpg

oct.13
' string quartet with percussion ' written by tristan honsinger
   feat. yuriko mukoujima (v) , hirono mio ( v ) , kawasaki jun ( b ) , midori onaga ( p ) ,tristan ( c ) 千野秀一(p)参加との情報あり
@ OKUBO HALL ISHIMORI イシモリ管楽器店地下イベントホール
http://www.ishimori-co.com
1-20-23 hyakunin-tyo sinjuku-ku
新宿区百人町1−20−23  Phone 03-3360-4970
Open 19:00   Start 19:30
2000yen +drink



oct.14
' tristan honsinger solo '  
kamakura  at sarubatake , omachi  さるばたけ 
starts when dark   0yen
sarubatake is in between kamakura and zushi .
the small farm of PARADISE ALLEY , ROOT CULTURE and NAMAIKI .
please check
http://www.namaiki.com/
for map .
cancelled if rain .please checkwww.namaiki.com


oct.16
' the jammed thing '
@ barrel house   ikebukuro  池袋バレルハウス
http://www.barrel-house.net/index2.html
tel 03 3986 2871  
tousen dai ni building 2F  2-22-5 ikebukuro  toshima-ku  tokyo
open 7.30pm   start 8.00pm   1500yen
Member
千野秀一  Chino syuichi piano   松本健一 Matsumoto kenichi sax   
吉田隆一 Yoshida ryuichi sax   伊藤啓太Ito keita contrabass   Tristan Honsinger's cello


トリスタンは毎日のように朝まで酒飲んで騒いで、演奏もぶっ飛んでる、という情報が入っております。
再開が楽しみだ!!
posted by けつまん at 23:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうするソボブキツアー

あまりにも人気のないソボブキを
なんとか盛り上げたいと
リーダー自ら立ち上げた
ソボブキを応援して少しだけ人気を出そうという
コミュニティ。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2688296
(mixiコミュニティーです)
だそうです。

最大の問題は、東名集中工事。
だけど、中央道まわりで行くというグッドアイディアでもう解決。
あとはお客さんが来てくれるといいなあ。

あとの問題は、演奏中にうどんがのびないか。など。
京都では特に大きな祭事は無いようですが、人形供養というのがあるようで。よくよく人形に縁のあるバンドだ。
posted by けつまん at 12:17| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニマム・ペインの恐怖

あらすじ

21XX年、ローマクラブの警告はついに現実のものとなり、地上は環境汚染と異常気象の相乗効果により深刻な水資源枯渇にはじまる地獄の様相を呈していた。
そこに彗星のごとくあらわれた「ミニマム・ペイン」教団。
人間はどうせ死ぬのだから、苦しむ前に自ら安楽死した方が良い。しかし、自分の死を悲しむひとたちに新たな苦しみを味あわせてしまうことになる。そこで、世界人類一斉に安楽死すれば良い、という教義を掲げるこの教団は熱狂的な支持と、死に急ぐ一部の急進的信者の自爆テロのもと政教一致の教団として急成長を遂げ、発足したばかりの緊急世界政府における主導権を握ってしまった。そしてついに世界人類同時安楽死の予定日「ビッグ・サンデー」が決定され、今や世界人口の多数派を占めるようになった信者たちは狂乱の祭典の準備を開始した。「ビッグ・サンデー」まで残り1週間となり祭典は最高潮に近づいてきた月曜日、反ミニマム・ペイン教団の主導者であった男が捕らえられ公開処刑されることに。もはや教義も離れ暴走するミニマム・ペインに対して男は処刑台の上から語りかけはじめた…。
posted by けつまん at 12:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニマム・ペインの恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

もうすぐソボブキツアー

10/12〜15 西尾賢「ソボブキ」 神戸〜香川〜京都〜名古屋ツアー
メンバー:西尾賢(piano&色々) 伊藤啓太(bass) 松本健一(sax)

10月12日(金) 神戸 CREOLE 神戸市中央区山本通2-3-12 北野ハンター坂
予約2500円 / 当日3000円
7:30〜

10月13日(土) 宝光寺 香川県東かがわ市東山1200
前¥2500 当¥3000 うどん付き 3:00pm〜

10月14日(日) 京都 PARKER HOUSE ROLL 京都市烏丸通り松原通り下がる東側メンバーズゴルフビルB1
Phone (075)352-8042  (日、祝 定休)
¥2500(1drink付) 7:00pm〜

10月15日(月) 名古屋 得三 名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
TEL/FAX: 052-733-3709
※タイバンあり
不思議な旅 酒井弘美
open 18:00 start 19:00 前¥2300 当¥2500 +オーダー


よろしくです。
posted by けつまん at 10:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

本日! ソボブキ@亀戸・東覚寺

日本の田舎とお寺がよく似合うバンド、ソボブキ…。
いや、きっと都会も似合うに違いない、あまりやったことないだけで…。

10月8日(月・祝)ソボブキ@東覚寺
西尾賢(p) 初山博(vib/hrm) 伊藤啓太(bass) 千光士実(dr) 松本健一(sax)
4時start 入場無料   会場:亀戸 東覚寺  江東区亀戸 4-24-1 03-3681-8213

ひさびさに千ちゃんや初山さんと一緒で楽しみだ。
ちょっと時間早いですが、無料ライブですのでお気軽に。

松本健一のMySpace
http://www.myspace.com/matsumotokenichi
posted by けつまん at 11:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

下田行のおもいで

昨日は下田チェシャーキャットでソロライブ。後半は庄田さんとduoになったり飛び入り自由セッションになったりで深夜に及びました。庄田さんの徹夜の防音工事のおかげか、心配された近隣クレームもなく、無事終了。

今日は下田の「道の駅」でストリートライブにちょっとつきあってから帰ってきましたが、下田ってけっこう遠いね。熱海から先がすごく遠い気がする。節約のために踊り子とか新幹線とか乗らずに行ったんでほんと遠い。旅です。

写真:ストリートライブにおける庄田次郎さん
PA070029.jpg

特に、行きは電車乗り間違えて熱海通り過ぎて三島の方まで行っちゃって引き返して、なんてことやってたので到着が開演ギリギリになっちゃいました。あの辺まで行くと、一本間違うとしばらく電車ないんだよね〜。
写真:電車に乗り間違え山ん中の駅で不安になる俺
PA060002.jpg

伊東から先は日も暮れちゃって真っ暗。何やらサビシくなっちゃいましたが、下田・まいまい通りに燦然と輝くチェシャーキャット!あたりは真っ暗!
PA060014.jpg

しかし、人は暖かいし、気候も暖かい、すごくいいトコでした。また行きたいなあ。今度は早めに行って温泉とかね。
posted by けつまん at 23:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

10月の新・即興の日 終了

次回は11/13です。 なってるハウスにて7時から。

昨夜はお集まりいただいた方々、熱演ありがとうございました。
従来、思うところあってこのような即興の結果に対してコメントすることを差し控えて参りました。
というのは、即興演奏は一回性が命であるため、つぎはここをこうしたら、という「学習」は余計なとらわれを生むのではないか、というおそれのためです。
何にもとらわれることなく、その場の空気を敏感に嗅ぎ共有して発せられる、その日だけの音、そのためには上手くとかヘタにとか大きくとか小さくとか普通の音でとか普通じゃない音でとか一切、御意見無用、ってのが大事だと思います。深いよね。考え深い、ということじゃないですよ。それと真逆。考えとか知識などという人間存在のごく小さい部分を突き抜けるということです。こう書くとカルトそっくりですが、そうじゃないです。ばったり友人に会って、「よっ元気?」っていうだけでその人の調子とか精神状態が読み取れる、っていうのと同じです。違うのは、俺はこの音気持ちいいんだけど、どうよ?ってとか、違う話題がはいってくるってことかな。よく分からなくなってきましたが。
「よっ元気?」ってかわりに「こんちは」って言っても「HELLO」って言ってもいいんですよね。卑猥な奇声を発するだけでも良いし。重要なのは相手がいて、こんちはの気持ちを伝えたい、ってことですよね。または、伝わるもんなんだなあ〜、って思い込むことかもしれません。それで安心して生きていければ、それで良いじゃない。な〜んて。

で、昨夜の即興演奏、女性の参加者が久々にいなかった、というのが最大の特徴でした。な〜んて。
前半は「いわゆる即興」みたいになってしまい、退屈な時間が多かったです。定型のリズム型、平均律上の和声、メロディー、これらは人間の中のごく小さい一部分である「考え」に根ざしていると思います。これらは絶対的に身体に根ざしてはおらず、ということは、身体のみを共通のアイテムとする、全く初めての場で初めて会ったと想定した人同士のコミュニケーションには使いにくいし、腐臭を発するウミとなったりします。前半でウミが出たのか後半は吹っ切れてましたね。もう身体言語的。もちろん、最後の狂熱地獄がよかったワケじゃないです。共感はできるけど。でもあそこに至る、ってのが本当に良かったね。
他人に聞かせる場合、客もヒソカに狂熱してくれないといけないわけですが。
やはり、音に対する原始的な「嗅覚」みたいなものを研ぎすましていけば自ずと道は開けるような気がする。
「知性」や「考え」と言うものを否定してる訳じゃなくて、線を引いてたら腐敗するだろう、と思ってます。しかし文明はこれからもさらに線を明確にしていくでしょう。それが言語をもつ文明の宿命というか、文明という言葉の裏の意味であるからです。

オスカーワイルドは「アメリカ人は、天国と、天国についての講演、では後者を選ぶ」とかなんとか言ったそうですが、自分でも考えがまとまらず読みにくい文章になっちゃったけど、このようにキリが無いので話をやめます。
posted by けつまん at 12:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

即興演奏ワークショップ開催します

即興演奏ワークショップ開催します
「新・即興の日」
2007年10月5日--金--開場18--30 /開始19--00
会場--入谷・かっぱ橋 なってるハウス 台東区松が谷4-1-8 電話番号03-3847-2113
楽器・声・鳴りもの系・舞踏などなんでも可です。年齢性別経験不問。見学/見物のみもOK。スタイルにとらわれない音再発見の場。参加料500円。演奏は9時過ぎぐらいまでやってます。
会場にギターアンプ、ベースアンプ、PA設備、ドラムセット、グランドピアノ 有り。
http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/frame.html
参加ご希望の方はtakuhatsu+ybb.ne.jp("+" →"@")まで送信して下さい。
申し込み多数の場合は先着順となります。

ま、そんなに多数になったことは今までありませんので、飛び込みでもまあ、大丈夫です…。
内容は、特に指導とかそういうものではありませんで、皆で集まって即興演奏にしたしもう、とか、研究しよう、とか、呑もう、とか、そんな感じの自由な集まりです。お気軽にドーゾ。

MySpaceの方調子でてきました…!!!
mp3も追加、写真のスライドショーも追加。
写真スライドショーはなかなか自分で見てると恥ずかしいですが、mp3の方は、便利ですね!別に、自分のページでも聞けるようにすればいいんですが、もうちょっとオープンな感じがして好きですね。
http://www.myspace.com/matsumotokenichi
もしよかったら覗いてください。アカウントもっている人は「フレンド」になりましょう!!!

今日はこれからリトルジョンで「宇宙犬」。
いってきます。
posted by けつまん at 16:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。