2007年07月31日

ソボブキ@アケタ終了、Gottsu訪問、FM番組制作もゼンソク気味

なんだか涼しく西荻アケタでのソボブキライブ終了。
札幌帰りの人はいるわ、ブラジル帰りはいるわ、いろいろな人が集まってきました。
俺もどこか行きたい。

そんなわけで、翌日30日はマイミク刑事派はぐれ専務と一緒に竹のマウスピース「GOTTSU」を制作している後藤さんの大和の工場にお邪魔して片っ端から試奏させて頂いた。
http://www.bamboomouthpiece.com/
DSC00004.JPGDSC00005.JPG
ちなみに最近MALTAさんがテレビで使用していて巷に話題になっているらしい。私はMALTAさんとは面識無いですが、なぜか最近「新・即興の日」常連になってくれているSleepWalkerの中村さんの紹介で今回訪問することに。

このマウスピースの特徴はなんといっても竹を使用していること。竹とエポキシ樹脂でできている、この2層構造がミソで、あるポイントから竹の振動が優勢となって表情が変わる(と思う)。仕上げの美しさ、鳴らしやすさとピッチ感はとても良いと思った。

そんな性能のことはともかく、このマウスピースはあえて何かをお手本にするのではなく、製作者の後藤氏のオリジナルな感覚と手探りの試行錯誤から産み出された、他に似たものの無いユニークな反応をするマウスピースである。
後藤氏と話をしても「あの頃のあの名品をもう一度…」的な後追い感覚はまるで嗅ぎ取れない。ただ竹の生み出す特徴的な振動に惚れ込み、それをうまく引き出そうとしている、と見た。
私的にはそのポイントだけでも感動してしまうのだ。

少しづつ現場に応用しつつ使用感を製作者にフィードバックッしていきたいと思ってます。
見かけのバッフル高さに比べて倍音が強調されるようなので、リードの選択によってアコースティック系からセクション系、いろいろ応用が利くんじゃなかろうか…?
まあ、青箱の2半ぐらいがもっともこのマウスピースのキャラクターを素直に出せるような気もします(テナー)。

という楽しい一日でしたが、今日はFM番組制作。こないだもらった豆本付きミニCD「GingerVineger/リョウガイ」「島唄/里アンナ」などをとりあげる。SXQもリリース記念でとりあげる。 DSC00006.JPG
で、自分の声を録音せざるを得ないんですが、今朝方久々にゼンソク気味となり、なんとか持ち直したと思ったんだけど、録音すると如実にでちゃってる。自分ではわからないんですけど、プレイバックを聞くとなんか苦しそうに聞こえる。
昨日ホコリっぽい工場で長時間吹いたのがいけなかったのかなあ。ホコリに弱いんです。または夏風邪か?
posted by けつまん at 14:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。