2007年05月25日

京の夢大阪の夢

東京中低域で明日から京都・大阪ツアーです。
---
2007年5月26日(土)
CLUB METRO_京都
開場18時00分/開演19時00分
当日3500円(D別)
問合=クラブメトロ_Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/
京都市左京区川端丸太町下ル京阪丸太町駅2番出口 恵比須ビルBF
◆京阪電車でお越しの方は、丸太町駅2番出口階段を上がりきるまでにありま す。
地上からお越しの方は、川端丸太町交差点東南の京阪電車入口からお入り下さ い。


2007年5月27日(日)
伽奈泥庵(かなでぃあん)_大阪
開場12時00分/開演13時00分
当日3500円(1オーダー別)
問合=伽奈泥庵_Tel:06-6764-6483
http://www.kanadian.org/top.shtml/
大阪市中央区中寺町2-1-64美好マンションB1-1F

--

「京の夢大阪の夢」という諺がありますが、いろはガルタの最後の札ですね。
この「京の夢大阪の夢」という諺の意味は不明である、というのをどこかで読んでそのままだったんですが、今検索してみると、夢であればどこにでもいける、転じて、夢であればどんなことでも可能だ…、というような意味であるというのが主流のようですが。
しかし、さらに調べると、幸田露伴がいろはガルタに注釈をつけているのがあって、それによると、やはり古来定まった解釈がない、と書いてあり、私は昔これを孫引きしたような文章をどこかで読んだのかも知れないなあ。しかし文豪の興味深い随筆です。
東西伊呂波短歌評釈
http://www.aozora.gr.jp/cards/000051/files/4620_7952.html

「京のバリトン大阪のバリトン」
意味:バリトンを持ってどこでも行くべし。但し重くかさばるなり。如何ともす可からざるを憎めるなり。

また、西日本では「京に田舎あり」がいろはガルタの最後の札であり、これの意味は、何事も完全ということはあり得ない、ということだそうで。

「東中にLowA無し有り」
意味:今回の東京中低域ツアーメンバー10人のなかでLowAなしの古楽器を使用しているのは私だけ(以前は田中君と私の2人だった)である。
posted by けつまん at 09:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。