2007年05月13日

板前流

Papa Jo Jones
http://www.youtube.com/watch?v=GrKShqNkcnI
板前みたいだ。いなせだ。動きが素早く、静か。
カラダの中心線が常にびしっと通ってて、美しいです。

Jo Jones & Ben Webster
http://www.youtube.com/watch?v=viImEQQdLBw


Millford Graves - David Murray- Document?rio Millford Graves
http://www.youtube.com/watch?v=UXFbhJwJyT8
Zorn, Licata, Graves, Barr, Laswell @ Tonic 12/31/06 #1
http://www.youtube.com/watch?v=YN8gyyVTHKw

身体と言うとこのヒトですが。
見事です。
でも、ブレなさはJoJonesが徹底してますね。

Han Bennink Solo Part I
http://www.youtube.com/watch?v=DLXhxnsS-Q8

JoJonsの映像に、その「いなせ」さに衝撃を受け、Hanの映像を見たくなったので。共通する何かを感じますね。

Derek Bailey George Lewis Duo
http://www.youtube.com/watch?v=u63A3CxNiow

この2人も無駄のない音と動きだなあ。

Derek Bailey - John Stevens Solo
http://www.youtube.com/watch?v=PlwofBbIZcw

Derek Bailey
http://www.youtube.com/watch?v=4P5raW49kQM

Comments & Responses欄で論争が??

Scratching about with John Butcher & Michael Welch 2002
http://www.youtube.com/watch?v=2FO49EoTxzs

Paal Nilssen-Love/john Butcher @ Cave 12 pt
http://www.youtube.com/watch?v=imxYhYVnrUk

けっこう強奏してますね。

Hemophiliac (live 2004) Zorn/Patton/Mori
http://www.youtube.com/watch?v=AfCBEICGsW4

けっこう強吠してます。


Animal and Kermit Discuss Drums
http://www.youtube.com/watch?v=Jh_fK5ZhSqo
ドラマーとはこういう人種…?
誰がモデルなんだろう。

--------------

で、今日は15日のなってるハウスでのセッションのためのリハーサルをやりました。
メニューを消化するタイプのリハではなく、ユニットの方向性を占うようなリハーサルだったので、とても楽しかったです。


-----------
5月15日(火)
松本健一 セッション
演奏:松本健一sax 井谷享志drums 林隆史guitar 大久保一樹tuba 平川理雄bass
舞踏:伊藤虹
@入谷なってるハウス 台東区松が谷4-1-8 
TEL 03-3847-2113 開演20:00
「今回のマツケン・セッションは「新・即興の日」と関係が深く、多方面で活躍する敏腕若(曲)者による演奏です。マツケンのSXQなどの曲を演奏します。」(小)

---------

と…書いてありますが、あとから決定した伊藤虹さんの参加により、即興演奏の比重が高くなると思います。
今日のところは一応曲をさらったのですがね。

そうだ。これも見て下さい。

Tokyo-chutei-iki "Brain Drains"
http://www.youtube.com/watch?v=ty_IP7Wpk-g
posted by けつまん at 01:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。