2007年02月25日

ダブルトリオギグ@エアジン 終了

昨日の「新・即興の日」の余勢を駆って、パワートリオ勢はホラ話と即興演奏のコラボレーションでした。
初めてのこころみとしては上出来だったかな。

Who'sCrazyトリオは素晴らしかった!
是安さんがミドリ君の良い所を引き出して、3者がすごくしっくりとおさまってる感じ。キムカツもどことなく大御所風だったな。

最後のダブルトリオでの演奏も、全員が勝手にやってて、たまにせめぎあうって感じでよかったですね。

と、いうわけで、2.28名古屋K.D.Japonセッションは、いろいろ考えてたことをご破算にしまして、この流れを持込んでみたいと思います。
posted by けつまん at 23:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・即興の日「即興音楽劇」、明日はエアジン昼

トロンボーンの金子さんの提案により、「即興音楽劇」と銘打ってこのところの単なる野放しワークショップに一変化。

前半は、くじ引きで決めた順番に従ってステージ上で「お話」(内容は自由で、前のひとと連続していなくてもいい、短い文章、多くても3文ぐらい)をしてから即興演奏をしました。
「お話」の間はステージ上の演奏者は静かにしなくてはならない。
ステージ上の人数はだんだん増えていくが、3人以上にならないように順次抜ける。
だいたい2分おきに次の人が加わる。

どうなることかと思っていたのですが、なかなか面白かったので、後半は
一人の人が連続して「お話」をしてはならない。
ということだけきめて、出入り自由にしました。

…と、これだけのことなんですが、予想外に演奏そのものがイマジネーションに富んだ、自由度の高いものになりました。
毎回きてくれて少々マンネリ気味(失礼!)の演奏も興味深くみる事ができました。多分、やってることはいつもとあまり変わってないと思うのですが。ちょっとした違いが増幅されて感じられるというか。(倦怠気味の…にも応用…それはさておき…)

やはり、言葉というものは聞いたが最後、あとに続くものはすべて影響を受けるものなんだなあ、と感じました。演奏者が影響を受けるという意味ではなくて、受け手の感じ方が、ということです。
それでなにか感性にワクをはめられる、という方向に作用することもあるし、自由度を増す方向に作用することもあるんですね。

考えてみれば、どんな作品でも、通常はまず言葉ありき、なんですよね。今日は勉強になったなあ〜。

-----

2月25日(日)
ダブルトリオギグ・Who'sCrazy?トリオ・パワートリオ
Who'sCrazy?トリオ: ミドリトモヒデsax、是安則克bass、木村勝利drums
パワートリオ: 松本健一sax、かわいしのぶbass、ツノ犬drums

15:30開演

@関内 エアジン 横浜市中区住吉町5-60 tel/Fax.045-641-9191

2000円+オーダー
-------

明日も応用しよう。
posted by けつまん at 01:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。