2006年10月27日

今日もなってるハウス!!!

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=松が谷4-1-8&ie=UTF8&om=1&z=15&ll=35.717336,139.788687&spn=0.025679,0.047078&iwloc=addr

上多分途中で切れちゃいますが、つなげて下さい。
むしろ、
松が谷4-1-8
で地図サイトで検索した方が早いか。

いずれにしろよろしくお願いします。
--
10月27日(金)
東京・名古屋 インプロヴァイザーズ ミーティング
出演:
河合拓始piano
松本健一sax
臼井康浩guitar from名古屋 
鈴木茂流(永久持続音)from 名古屋
@入谷なってるハウス 台東区松が谷4-1-8 TEL 03-3847-2113 開演20:00 
--

昨日は「新・即興の日」なんか異様な盛り上がりを見、嬉しいというか怖いというか…。まあ非日常演奏という感じで。良かったと思います。リフレッシュした人も多かったんではないかと。
なんであれ、演奏でこんななっちゃうというのは(安いし)健康も損ねず、いいものですな。
来そこなったかたにご報告すると、昨日のルールは、出入り自由、やりたくなった人がやる…という身もふたもない、というか、一種の最終段階でした。今まで何度かこの「ルール」?でやったことはありましたが、昨日ほど快適にいったことはなかったと思います。メンバーのバランスとか、バイオリズムなど、うまくかみ合ったんでしょうね。大音量のカオス状態も時々あらわれたものの、それがなんというか、スパイシー、というか??
香ばしい色を添えていたと思います。全体的なスパンから眺めると、その発生頻度も含め「カオス」でありました。
全員かなりリラックスしてたのが良かったのか。ちょっとすごい没入の人もいたり、傍観者もいたり、ですべての人が好き勝手な存在の仕方をしていて好感を持ちました。
全員がリラックスして深い直感をそのまま行動に移していけば、「美しき天然」になるのかもしれませんね。人数が多くても少なくても。

いきなりこんな風にはならないと思うので、このワークショップの歴史みたいなのを感じました。例えばどこか別の場所(横浜、とか)でまったく新しいメンバーでやるとしたらやっぱりある程度ルールを決めたやり方なんかから入って行くことになると思います。

こうして考えると、現況が「即興慣れ」みたいなことになってるんではないか、と自省せざるを得ないわけです。

まあ、目的が、なにがなんでも目新しいことをする、ということじゃなくて、気持ちよければ良いじゃない、というちょっとユルいワークショップなのですが、幸いにも毎回新しい人が加わってくれるので、刺激を受けたり、今までやってたことなどダーっと棚卸しして、どんどん自己革新していければいいなあ。などと考えたりしています。

次回は11/3ですが、私は欠席で、ギタリスト林隆史氏と、トロンボーン奏者高橋保行氏がホストを引受けてくれました。よろしくです。
posted by けつまん at 15:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。